安倍貞任アベノサダトウ宗任図ムネトウズ <双幅>

狩野カノウ古信ヒサノブ画/伊達ダテ吉村ヨシムラ
江戸時代中期/仙台藩伊達家旧蔵資料

平安時代中期の陸奥の豪族・安倍一族は、並々ならぬ文学的素養を有したといいます。本図はそれにまつわる貞任・宗任兄弟の逸話を、右幅・左福にそれぞれ描き、賛が付されています。筆者である狩野古信(1698〜1731)は木挽町コビキチョウ狩野家4代。父・周信チカノブとともに5代藩主吉村の絵画の師でもありました。木挽町狩野家は代々仙台藩伊達家の御用絵師を務めていた関係で、木挽町狩野家の作品は仙台に多く遺されているようです。

「安倍貞任・宗任図」狩野古信画/伊達吉村賛「安倍貞任・宗任図」狩野古信画/伊達吉村賛