社会福祉法人共生福祉会 福島美術館

展覧会のお知らせ

これまでの展覧会 TOP

平成18年度春の公開展

「どこが違う?」—春の野山と夏の野山—

会期:平成18年3月30日(木)〜5月31日(水)

日本には、春・夏・秋・冬という4つの季節があり、人々はそれを古来より様々な形で表現してきました。『古今和歌集』の仮名序では「梅、ほとぎす、紅葉、雪」を四季の景物の代表に挙げています。
また、兼好法師の『徒然草』では「春暮れて夏になり、夏果てて秋が来るにはあらず。春はやがて夏の気を催し、夏より既に秋は通ひ、云々」とも述べられています。
日本人にとって季節を表現することは、季節を「切り取る」ことではなく、むしろ、春から夏、夏から秋、秋から冬、そして冬から春という季節の推移の表現に重きが置かれているようです。それとなく四季の展開を匂わせながら、鑑賞する側のイメージにゆだねているのです。
それでは、春と夏はどのように表現されてきたのでしょう。
江戸時代から昭和時代の、絵画や俳句・和歌などの作品を通して、色・匂い・音・温度・湿度など、表現者たちの五感を通して表現された春と夏をお楽しみください。

■主な出品作品 ※印は東北ゆかりの作家・作品

  • 伊達政宗(だて まさむね)「新緑勝花」(江戸時代前期)※…和歌
  • 松花堂昭乗(しょうかどう しょうじょう)「色紙」(江戸時代前期)…和歌
  • 伊達吉村(だて よしむら)「近江八景画帖」「鵜飼図」(江戸時代中期)※…和歌と画
  • 建部巣兆(たけべ そうちょう)「梅折れや 俳句自画賛」(江戸時代中期)…俳句と画
  • 東東洋(あずま とうよう)「瀑布観梅図」(江戸時代後期)※…画
  • 橋本雪焦(はしもと せっしょう)「渓山驟雨図」(幕末〜明治時代)※…画
  • 遠藤速雄(えんどう はやお)「仙台春夏秋冬図(四幅対)」(明治〜大正時代)※…画
  • 菊池芳文(きくち ほうぶん)「清水寺春景図」(明治〜大正時代)…画
  • 福田古道人(ふくだ こどうじん)「蟇自画賛」(大正4年)※…俳句と画
  • 高浜虚子(たかはま きょし)「春の句」(大正7年)…俳句
  • 児玉希望(こだま きぼう)「東風」(大正〜昭和時代)…画
  • 小杉放菴(こすぎ ほうあん)「養魚図」(昭和時代)…画
  • 染付松図茶碗 切込焼(きりごめやき)銘「末の松山」(19世紀)※…和歌と画
    など、絵画・書・工芸品合わせて約50点展示いたします。
ギャラリートーク 4月22日(土)午後2時より 3階展示室にて

当館学芸員と、イラストレーター&水彩画家 古山拓(ふるやま たく)氏とのコラボが実現!
見る側と描く側、違う視点から、春と夏の表現を探ってみます。

■古山 拓氏プロフィール/
ふるやま たく。1962年岩手県生まれ。東北学院大学文学部卒。仙台市在住。
広告制作会社勤務を経て、1994年独立。
東北イラストレーターズクラブ会員。
(社)日本水彩画会支部宮城水彩画会会員。
NHK泉文化センター講師。
◇2003年日仏現代美術博「ARTEC造形美術賞」受賞
◇2003年定禅寺ジャズストリートフェスティバルメインビジュアル採用。
◇2006年郵政公社発行平成18年版年賀状東北6県での絵柄採用。など。

このページの初めに戻る

工芸品 近世の作家 近世江戸・京阪の作者たち 近世郷土の作者たち 伊達家関連資料