社会福祉法人共生福祉会 福島美術館

展覧会のお知らせ

これまでの展覧会 TOP

平成23年福島美術館新春吉例
めでた掛け〜招福眼力<フクマネク メヂカラ>

会期:平成23年1月5日(水)〜3月3日(木)

休館日 毎週月曜日(但し1/10は開館)、第1日曜日、1/11(火)
時 間 9時〜16時30分
料 金 一般300円、学生200円(高校生以下、70歳以上、障害者の方は無料)

昭和55年の開館からお正月に開催している展覧会「めでた掛け」。いまでは新春吉例の展覧会となりました。最近では、新春を祝い気軽に美術に親しめる「めでた掛け」鑑賞を、「展覧会始め」とされているという嬉しい話も聞こえます。
毎年テーマを設けて、様々な視点から新春を祝います。今年のテーマは「招福眼力(フクマネク メヂカラ)」。神様・仏様・人物・動物など様々な作品の「眼力(メヂカラ)」によって、 世の中の邪心や悪事を追い払い、安らかな気持ち(安心)で福を招きたいものです。
「めでた掛け」をご覧の皆さまの眼力(メヂカラ)アップも祈念致します。

■主な出品作品

やっぱり「ダルマ」さんの眼力はさすが、迫力満点!一方「布袋」さんの優しい眼力にはココロ癒されますね。平成23年は「兎年」です。「ウサギ」の絵も展示します。
(※印はチラシ掲載資料、◎印は郷土の作家)

※1「達磨図」倉田松濤筆
※2「朱画達磨画賛」中林梧竹筆
◎3「達磨図」盤龍禅師筆
 4「神農図」松平斎典筆
◎5「渡唐天神図」菅井梅関筆
◎6「弁財天牡丹図(三幅対)」伊達綱宗筆
 7「布袋図」狩野常信筆
 8「布袋図」田中訥言筆
 9「郭子儀図」狩野古信筆
※◎10「白鷹図」佐久間栄学筆
※11「鬼の三味線」大津絵
※12「月に兎図(三幅対)」狩野常信筆(右写真)
※13浮世絵「助六由縁江戸桜」歌川芳艶画
 14浮世絵「美人立姿」懐月堂安知画
◎15「兎図(写生粉本より)」菊田伊洲筆
 16「大黒天図」尾竹竹坡筆

この他、茶碗・香炉などの工芸品、新春にふさわしい資料をあわせて50点展示いたします。

■期間中のイベント

今年は<メヂカラくじ>です。(1月5日から1月10日までの6日間限定)
出品資料より<メヂカラ大賞>を選んでください。
投票された方は<メヂカラくじ>1回進呈。
ギャラリートークはスイーツの日 1月9日(日)
トーク 14時〜15時(申し込み不要、観覧券要)
お茶の時間 15時15分〜16時(チケット制200円、定員20名)
「仙台自立の家」の当日限定スイーツをご用意します。
和みワークショップ「紋きり遊び(2)」 2月27日(日)
10時〜15時(時間内随時受付)、申し込み不要、参加費200円
→「紋きり遊び(1)」の様子はこちら
「みて!みて!わたしのひな祭り」2月11日(金・祝)〜3月3日(木)
思い出詰まった「ちいさなおひな様」や手作りの雛飾りを飾ります。

次回予告 平成23年春の展覧会「画題たんけん〜絵を読み解く道しるべ」(仮称)
4月上旬〜5月下旬予定
画題の意味を知ることで、絵の世界がもっと楽しく広がります。

このページの初めに戻る

工芸品 近世の作家 近世江戸・京阪の作者たち 近世郷土の作者たち 伊達家関連資料