社会福祉法人共生福祉会 福島美術館

福島美術館のトップページ
福島美術館通信
展覧会のお知らせ
主な収蔵品
伊達な作品写真館
福島美術館の歴史
館内ガイド&交通ガイド
リンク&スペシャルサンクス
ゲストブック
Q&A
ミュージアムグッズ
広瀬川とミュージアム散策マップ
学芸員日記(ブログ)
お問い合わせ
プライバシーポリシー
サイトマップ

平成26年福島美術館 秋の展覧会
みやぎのタイムカプセル vol.1 熊耳耕年とその時代

会期:平成26年10月1日(水)〜11月24日(月)※一部展示替え有

開館時間 9時〜16時30分
休館日 毎週月曜日、10月14日(火)、11月4日(火)(但し10月13日、11月3日、11月24日は開館)
入館料 一般300円、大学生200円(高校生以下、70歳以上、障害者の方は無料)

◎東北文化の日 10月25日(土)・26日(日)
来館者1名につき、当館オリジナル絵はがきを1枚プレゼント!

昨今、地方の作家の掘り起こしや、中央と地方の文化ネットワーク研究が行われ、美術史を見直す傾向があります。「郷土のたからもの」を再発見して、他の地方へ発信し、それを通じて作品が後世に伝わるきっかけになればと願っています。

その第一弾として、仙台の近代の作家である熊耳耕年(1869〜1938/明治2〜昭和13)の作品を紹介します。熊耳耕年は仙台の芭蕉の辻にあった「仕立屋 大澤屋」の次男として生まれました。上京して月岡芳年・尾形月耕に絵を学び、師から一字ずつもらい「耕年」と名乗ります。関東大震災を機に郷里に戻り作画活動を続け、風俗画・歴史画・挿絵などさまざまな作品から幅広い力量を窺い知ることができます。また耕年の作品「芭蕉の辻図」は今もなお、伊達政宗騎馬像と共に仙台・宮城の観光や商業に欠かすことができない存在で居続けています。

予定出陳作品

(期間中に展示替えを行います。ご了承ください。)

  • 1.童女図 昭和7年(個人蔵)
  • 2.南稲荷町耕年宅関東震災実境図(個人蔵)
  • 3.秋色桜 昭和11年(個人蔵)
  • 4.多福(部分)(個人蔵)
  • 5.騎馬武者図(部分)(個人蔵)
  • 6.高砂蓬莱図(個人蔵)
  • 7.児島高徳図(個人蔵)
  • 8.加賀千代女図(部分)(福島美術館蔵)

このほか、「芭蕉の辻図」のれん・パッケージ、
月岡芳年作品など約80点展示。


1

2

3

4

5

6

7

8

関連イベント

■ギャラリートーク
10月10日(金) 10時30分〜11時30分
参加自由・要観覧券
■ギャラリートークはスイーツの日
10月11日(土) 14時〜15時30分
申込制:お茶代300円、要観覧券
トーク終了後は、昭和10年代の真空管ラヂオとスイーツでお茶の時間をご一緒に!
■ミュージアム講話
「仙台が生んだ浮世絵師・熊耳耕年」
講師:堀川 浩之氏(藝術出版社編集長)
11月1日(土) 13時30分〜15時
定員30名、申込制:参加費500円
(10月1日より受付開始)
月岡芳年と尾形月耕に学び故郷に届けた近代風俗画の息吹と、知られざる波乱の生涯。
申込方法 電話、もしくは美術館受付にてお申込みください。
■東北文化の日 関連イベント
ふるーい本<活版印刷>にふれてみよう!
11月14日(金)・15日(土) 両日10時〜16時
参加無料

このページの初めに戻る

工芸品 近世の作家 近世江戸・京阪の作者たち 近世郷土の作者たち 伊達家関連資料 主な収蔵品