社会福祉法人共生福祉会 福島美術館

展覧会のお知らせ

これまでの展覧会 TOP

平成29年度 福島美術館秋季展
伊達政宗生誕450年記念 福島家がのこした伊達な文化

平成29年9月15日(金)〜11月23日(木・祝)
前期)9月15日(金)〜10月17日(火)
後期)10月19日(木)〜11月23日(木・祝)

開館時間9:00〜16:30
休館日毎週月曜日(但し9/18、10/9は開館)、第一日曜日、祝日の翌日、10/18
入館料一般400円、学生・70歳以上300円
高校生以下、障がい者の方は無料
出陳リスト(PDF)

戦国の世を駆け抜け、江戸時代に仙台藩を築いた藩祖・伊達政宗(1567~1636)が生まれて今年450年となります。また、政宗が育んだ「伊達な文化」は、平成28(2016)年4月に文化庁の日本遺産に認定されました。

多くの仙台藩伊達家旧蔵品を収蔵していた福島家は、明治から昭和初期にかけて仙台の政財界で活躍し、文化を支援した素封家です。特に7代・禎蔵(1890~1979)は、戦後の混乱期に伊達家を助けた一人でもあります。結果、仙台藩歴代の藩主の書や絵画をはじめ、伊達家が大切に継承した美術文化が福島家にもたらされました。

政宗は書に優れ、和歌を好み、茶の湯を藩内に取り入れた人物です。これらは、以降の歴代の藩主や家臣にも大切に継承され、掛け軸として今日に至っています。

この度、福島美術館では福島家がのこした仙台藩伊達家の「伊達な文化」をご紹介する展覧会を開催いたします。家臣を茶の湯の稽古に誘う、政宗22歳の手紙や歴代の藩主自身が筆をとった和歌や絵画などを通じて、「伊達な文化」を継承してきた人々に光をあてていきます。

主な出品作品

(前期・後期の入れ替えあり。作品の変更もあります。)

(1)政宗の父 伊達輝宗(てるむね)「書状 天正6年頃」

若き政宗、茶の湯を学ぶ!

(2)初代 伊達政宗
「鮎貝日傾斎宛書状〈茶の湯の稽古のこと〉」


かわいい娘への手紙。鮎60尾を送ったよ!

(3)初代 伊達政宗「牟宇姫宛書状」


茶席の参考とした覚書?

(4)初代 伊達政宗「茶席の献立」
(2)初代 伊達政宗
「鮎貝日傾斎宛書状〈茶の湯の稽古のこと〉」
(3)初代 伊達政宗「牟宇姫宛書状」
(4)初代 伊達政宗「茶席の献立」
(5)2代 伊達忠宗(ただむね)「福禄寿画賛」
(6)2代長子 伊達光宗(みつむね)「達磨画賛」
(7)3代 伊達綱宗(つなむね)「弁財天・牡丹図」
(8)4代 伊達綱村(つなむら)「巌上鉢図」
(9)5代 伊達吉村(よしむら)「鵜飼図」
(10)6代 伊達宗村(むねむら)「葡萄図」
(11)7代 伊達重村(しげむら)「和歌手鑑」
(12)10代 伊達斉宗(なりむね)「詠歌 小倉山」
(13)13代 伊達慶邦(よしくに)八代(やよ)姫「詠歌」
(14)伏見天皇「宸翰 東宮の」
(15)織田信長の弟 織田有楽斎「茶柄杓自画賛」
(16)「伊達政宗殉死者衆扇面和歌書」
(17)古田織部「長谷左兵衛宛書状」
(18)「貞山公御歌近衛基煕公添削」
(19)狩野古信画・伊達吉村賛「安倍貞任宗任図」
(20)佐久間栄学「白鷹図」
(21)色紙「泰然自若」
(22)堤焼「鉄釉天目茶碗」
(23)三浦乾也「黒楽月萩図茶碗」

など、伊達家歴代藩主の作品はじめ、仙台藩ゆかりの和歌、絵画、書、工芸品を約60点ご紹介します。

千利休の茶の湯を大名家に伝授

(17)古田織部「長谷左兵衛宛書状」

敬意を表して御歌を添削!

(18)「貞山公御歌近衛基煕公添削」

絵の師匠とのコラボ!

(19)狩野古信画・伊達吉村賛「安倍貞任宗任図」

7代重村・遺愛の鷹

(20)佐久間栄学
「白鷹図」

大正時代の漫画家が描いた政宗像

(21)色紙「泰然自若」

仙台藩に招かれた陶工

(23)三浦乾也「黒楽月萩図茶碗」

武芸が得意だった2代藩主の貴重な絵画作品

(5)2代 伊達忠宗(ただむね)「福禄寿画賛」

初公開!利休七哲の一人

(15)織田信長の弟 織田有楽斎「茶柄杓自画賛」

関連イベント

■「ギャラリートーク」
9月15日(金)・11月11日(土)各日14:00~15:00
要入館券
展覧会のみどころや、作品の裏側を学芸員がご案内します。
■「ギャラリートークはスイーツの日」
9月30日(土)14:00~15:30
要入館券・事前申込制・お茶代300円
ギャラリートークの後には、昭和10年代の真空管ラジオを聴きながら、おいしいお菓子でティータイム?作品の気になった事、思い出の作品の事など、皆さんとゆったりお話ししましょう!
電話、もしくは美術館受付にてお申込下さい。
■ワークショップ「紋きり遊び~家紋であそぶ」
10月22日(日)10:00~14:00【随時受付】
参加費400円
手ぶらで紋きり体験!型紙を使った切り紙遊びです。
今回は「家紋」がテーマ!あなたの推し武将で紋切りの世界を楽しみましょう!
■「古武道・柳生心眼流甲冑兵法演舞」
10月28日(土)14:00~15:00
参加無料
戦国時代から長く日本に伝わる古武道の演舞。現代の護身術にもなる古武道体験もあります。

■「古い本<活版印刷>にふれてみよう!~伊達家関連の図書」
10月28日(土) 10:00~16:00 1階情報コーナー
参加無料
凸凹とした触感が特徴の<活版印刷>によって刷りだされた本をご紹介。
指先の感触を楽しみながら、本の世界を楽しみましょう。

【お知らせ】
伊達政宗生誕450年記念 政宗22歳の手紙<茶の湯の稽古>のオリジナル絵ハガキをこの夏発売!

【次回予告】
新春吉例「めでた掛け~美術館でわらい初め(仮称)」
平成30年1月5日(金)~3月3日(土)

このページの初めに戻る

工芸品 近世の作家 近世江戸・京阪の作者たち 近世郷土の作者たち 伊達家関連資料