社会福祉法人共生福祉会 福島美術館

展覧会のお知らせ

これまでの展覧会 TOP

福島禎蔵初代会長/昭和48年8月自宅にて

福島禎蔵初代会長(昭和48年8月自宅にて)

平成30年 福島美術館より感謝をこめて
福島禎蔵が愛し遺したコレクション

平成30年度末をもって事業を一旦休業します。
12月22日まで、様々な角度から福島美術館の収蔵品をご紹介します。

会期
第1期第2期第3期第4期第5期第6期第7期第8期
4/17〜
5/5
5/15〜
6/2
6/12〜
6/30
7/10〜
7/28
9/4〜
9/22
10/2〜
10/20
10/30〜
11/17
12/4〜
12/22
開館時間9:00〜16:30
開館日展覧会期間中の火〜土曜日 ※臨時休館を設ける場合もあります。
入館料一般 400円 学生・70歳以上 300円
※高校生以下・障がい者の方は無料

調査中の所蔵品もご紹介します。(☆は初公開作品)
期間中は茶道具・華道具・書道具・仏像・人形・民芸品なども展示します。
作品は変更する場合がございます。

割引券はこちら

福島美術館

仙台市若林区土樋にある「仙台 街のちいさな美術館」こと福島美術館は、昭和55(1980)年から社会福祉法人 共生福祉会が運営している民間の美術館(博物館相当施設認可)です。

このたび、平成30年度末で事業を一旦休業することとなりました。美術館開館以来、多くの方々にご来館いただきました。また、平成23(2011)年3月に発生した東日本大震災による休館に際しましては、「七福絵はがき募金」により全国から多くのご支援を頂戴することで再開が叶いました。誠にありがとうございました。

共生福祉会は重度身体障害者の福祉施設を運営する団体ですが、設立者・福島禎蔵(1890~1979)は「福祉と文化」の両面から社会に貢献することを願っておりました。土樋の福島家邸宅の敷地の一部を当会に寄付し、昭和48(1973)年にライフセンターが誕生します。当初はカルチャ―教室とカウンセリングの機能を備えた施設でした。障害を持つ人々や市民に親しめる文化施設を創設することは、法人設立の構想段階から盛り込まれていたようです。

更に禎蔵は福島家の愛蔵品を寄付し、これらが一般に公開され、学術文化の向上に寄与し、文化財として後世に継承されることを祈念しました。その後、多くの研究者と関係機関の理解と協力を得て、禎蔵が亡くなった翌年、先に誕生していたライフセンターの中に美術館を併設開館します。共生福祉会はその志を受け継ぎ、福島家を後世に伝えるため「福島美術館」と命名しました。

福島美術館の収蔵品の多くは仙台の実業家である福島家当主の禎蔵と父・與惣五郎(1864~1938)、祖父・運蔵(1820~96)の三代に渡り収まった美術工芸品です。その中には、代々の当主がそれぞれ支援した画家や書家の作品、禎蔵が伊達家やその菩提寺である大年寺を支援した結果として当家に収まった資料など、仙台・宮城の文化史や美術史を語るうえで煌きを放つものです。

開館以来、書・絵画・工芸品・古書籍など3,000点余の収蔵品の中から、企画展と通年の常設展を開催し、「身近でわかり易く」を心がけ作品を紹介してまいりました。

平成30年は4月から12月まで8期に分けて、「福島禎蔵が愛し遺したコレクション」と題し、各テーマに沿って各期約60点を展示いたします。また、皆さまのご厚意である「七福絵はがき募金(平成30年3月末をもって終了)」は、震災再開以降、資料を後世に遺すための修復費に活用いたしております。修復を終えた資料は順次展示によりご報告いたします。

収蔵品たちも、いつの日かまた、皆さまとお目にかかれることを願っているでしょう。感謝と祈りをこめた展覧会をどうぞお楽しみください。

七福絵はがき

七福絵はがき第1集・第2集

このページの初めに戻る

第1期 4月17日(火)〜5月5日(土)仙台・宮城・東北の作家<近代編>

主な出品作品
倉田松濤筆
「達磨画賛」
遠藤速雄筆
「猫に罌粟図」
  • 熊耳耕年くまがみこうねん
    「南稲荷町耕年宅関東震災実境図」(寄託)
    「松に山鵲図」
  • 遠藤速雄えんどうはやお筆「猫に罌粟図」
  • 中村爽歩なかむらそうほ筆「桃花白鳩」☆
  • 倉田松濤くらたしょうとう筆「達磨画賛」
関連イベント
■ギャラリートーク 4月27日(金)14:00~15:00
要入館券 自由参加

このページの初めに戻る

第2期 5月15日(火)〜6月2日(土)仙台・宮城・東北の作家<近世編>

主な出品作品
忠岡三千子筆「若衆・花魁図」 東 東洋筆
「鍾馗図」
  • あずま 東洋とうよう筆「鍾馗図」
  • 菊田伊洲きくたいしゅう・他筆「衆芳砕珠」
  • 菅井梅関すがいばいかん筆「赤壁」
  • 小池曲江こいけきょっこう筆「三皇図」
  • 忠岡三千子ただおかみちこ筆「若衆・花魁図」
関連イベント
■和みワークショップ「紋切り遊び」 5月26日(土)10:00~14:00
1階情報コーナー 参加費400円  自由参加
■ギャラリートーク 6月2日(土)14:00~15:00
要入館券 自由参加

このページの初めに戻る

第3期 6月12日(火)〜6月30日(土)花鳥風月~美術の中の自然

主な出品作品

小杉放菴筆「雉」
高橋天華筆「聯 乾坤」
  • 遠藤速雄えんどうはやお筆「仙台春夏秋冬図」
  • 橋本雪蕉はしもとせっしょう筆「渓山驟雨図」
  • 小杉放菴こすぎほうあん筆「雉」
  • 喜多武清きたぶせい筆「東籬秋色」
  • 高橋天華たかはしてんが筆「聯 乾坤」
関連イベント
■ミニ個展 古山 拓 水彩画展「みちのくの花鳥風月~藤崎カレンダー原画を中心に」
同時開催 1階情報コーナー 無料
■心と脳のコミュニケーション「墨で描く【雨に花】」6月23日(土)13:30~15:30
4階 講師:さとう芳子氏(臨床美術士) 参加費500円
定員15名<6月21日(木)申し込み締め切り>
電話、または美術館受付にてお申込みください。

このページの初めに戻る

第4期 7月10日(火)〜7月28日(土)あの人・この人~人物画を楽しもう!

主な出品作品

遂翁元蘆筆「渡河達磨」
呉春筆
「人物画」
  • 田中訥言たなかとつげん筆「紀貫之像」
  • 遂翁元蘆ついおうげんろ筆「渡河達磨」
  • 呉春ごしゅん筆「人物画」
  • 仇英きゅうえい筆「宮廷風俗」☆
  • 太田三郎おおたさぶろう筆「楊貴妃浴泉図」
関連イベント
■ミニ個展 藤村みゆき ちびぐるみ展「あの人、この人~ちびぐるみDEMO」
同時開催 1階情報コーナー 無料

このページの初めに戻る

第5期 9月4日(火)〜9月22日(土)遠忌300年 仙台藩4代藩主 伊達綱村と黄檗宗

主な出品作品
隠元隆琦筆
「書 竹榻午風凉」
喜多元規画・
木菴賛
「木菴性瑫像」
  • 隠元隆琦いんげんりゅうき筆「書 竹榻午風凉」
  • 喜多元規きたげんき画・木菴もくあん賛「木菴性瑫像」
  • 独立性易どくりゅうしょうえき筆「隷書千字文」
  • 伊達綱村だてつなむら筆「巌上鉢図」
  • 高村光雲たかむらこううん刻「釈迦如来坐像」
  • 鉄牛道機てつぎゅうどうき筆「書 空劫已然事」
関連イベント
■ギャラリートーク 9月8日(土)14:00~15:00
要入館券 自由参加

このページの初めに戻る

第6期 10月2日(火)〜10月20日(土)文房四宝~書・墨・硯の魅力

主な出品作品
中林梧竹筆
「書 横手道中臨書」
  • 藤原定家ふじわらさだいえ筆「茶掛け」と烏丸光広からすまみつひろ筆「極め」
  • 西郷南洲さいごうなんしゅう筆「草書」
  • 中林梧竹なかばやしごちく筆「書 横手道中臨書」
  • 芦 東山あしとうざん筆「五言詩」☆
  • 近衛信尹このえのぶただ筆「片桐且元宛書状」
関連イベント
■ミニ個展 後藤夕深 じぞうもじ展「縁」
同時開催 1階情報コーナー 無料

このページの初めに戻る

第7期 10月30日(火)〜11月17日(土)みんなが見たい!この作品

皆さまの投票により展示作品を選考します。
出品作品発表 9月8日(土)

関連イベント
■ギャラリートーク 11月17日(土)14:00~15:00
要入館券 自由参加
■募集「みんなが見たい!この作品」の展示作品をえらぼう!
美術館内に設置するこれまでのチラシ・出陳リストなどを参考に展示でみたい作品をご応募ください。ご応募は美術館の応募箱で受付します。
募集期間4月17日(火)~7月28日(土)

このページの初めに戻る

第8期 12月4日(火)〜12月22日(土)幸せ願う・めでた掛け

主な出品作品
中林梧竹筆
「朱画達磨」
伊達綱宗筆「弁財天牡丹図」
  • 伊達綱宗だてつなむね筆「弁財天牡丹図」
  • 中林梧竹なかばやしごちく筆「朱画達磨」
  • 佐久間晴嶽さくませいがく筆「七富図」
  • 東 東洋あずまとうよう画・南山なんざん賛「富士図画賛」
  • 朝鮮民画ちょうせんみんが「虎と蝙蝠」
関連イベント
■「ありがとう!ペイント会」
※要入館券 自由参加
12月4日(火)~12月22日(土)の期間中、3階展示室廊下の壁を思い思いにペイントしてください。絵あり、書あり、詩あり、メッセージあり。お待ちしております。
(画材はこちらでご用意いたします。)
■ミーオカ―とタイの文化を楽しもう! 12月8日(土)14:00~15:00
4階 要入館券 自由参加
■<鳥屋 主催/福島美術館 共催イベント>「鳥屋のらく°ご」(落語+展覧会鑑賞付き)
11月10日(土) 14:00~15:00
福島美術館4階 木戸銭1000円(前売り・当日共)
お問い合わせ・申し込みは鳥屋(白鳥)まで
メール shiratorieiichi@gmail.com
TEL 090-8255-6304

このページの初めに戻る

工芸品 近世の作家 近世江戸・京阪の作者たち 近世郷土の作者たち 伊達家関連資料